良くも悪くもなんでも流行によって買い換えられる時代

車買取が儲かる理由の一つは、今の日本の社会風景が関係している

アメリカのデザインの特質は、このような世界にも稀な独特な流通とマーケットの形成からも生まれてきたと言えよう。テールフィンと清涼飲料水のびん「これからはデザインやで!」経営の神様といわれた松下幸之助が戦後初めて欧米の視察旅行から羽田に帰って来て、地上に降り立った時の第一声がこれであるといわれている。昭和26年、1951年のことである。

日本ではデザインは応用美術または図案といって、工芸の伝統の延長線上から出発した。そして日本の油絵画家がパリへ修業に行き、印象派の大家に師事し、模写からその修業を始めたように、デザインもまた西欧にその手本を求めようとしてきた。それはヨーロッパのデザインが伝統工芸からアーツ・アンド・クラフツ、アール・ヌーヴォー、ドイツ工作連盟、バウハウス運動と続いていった過程の、重要な何ヶ所かを抜かしていったかもしれないが、ものの機能、用と美をその根本に据えようとしてきた。松下幸之助は驚いたはずである。

アメリカではデザインは国家の経済政策という重要な役割まで果していた。それは製品の機能とか形態とか美の様式とかの問題を超えて、生産、販売、消費、経営の合理化といった、社会全体の大きな仕組みの中での経済活動そのものになっていたのである。しかも製品の見栄えは素晴らしく、すぐにでも手に入れたくなるほどの魅力に満ちあふれている。この頃までにアメリカはもう20年近くも魅力的な商品の見せ方を研究しその開発に苦労を重ねてきていたからである。車のテールフィンと清涼飲料水のびんのデザインはこの代表的な例として興味深い。
複数の業者に車買取の見積もりをお願いするという構図と、診断が納得いかないのでセカンドオピニオンで別の病院にかかってみるという構図は、結構似ているなあと思った事があります。
たまに友人のWEBデザイナーさんのお仕事の手伝いをしています。この間は、中古車査定の会社のサイト作りをお手伝いしました。ウェブ制作に関しては素人同然なので、色々と勉強しなければと思っています。
車でドライブをしていると、車を買い取ってくれるお店が何度か通り過ぎることがあって、そのたびにそろそろ車下取りに出した方がいいのかなぁ、と思うことがよくあります。


参考までに年収1万ドル以上の世帯は、全米で63万1000世帯、2・3パーセントである。当時のアメリカンドリームは100人のうちほんの2・3人たらず以外の人にとっては、それこそただの夢だったのだ。閑話休題。当時いくら鉄道網が発達したとはいえ、現代の日本のように通勤の足になっていたわけではない。

19年間に生産累計1500万7033台にわたる庶民の車フォードT型モデルは、1929年には880万人を越えていた工業労働者はもちろん、農業労働者や商業労働者その他の庶民の足を、馬に代って提供したのである。あらゆる生産に必要な労働力のスムーズな供給を、この時代のT型モデルは可能にしたといえる。冷たい言い方をすれぽ、家庭と生産現場を結んで人間を運ぶベルトコンヴェヤー、それがT型モデルではなかったのだろうか。

新着記事
2013/09/16 オススメ記事を更新しました。
2013/09/12 新着記事を更新しました。
2013/09/11 代替消費財の原因を更新しました。
2013/09/08 アメリカの工業力を更新しました。
2013/09/06 デザインのスタート地点を更新しました。
2013/09/04 商品価値の上げ方を更新しました。
2013/09/03 車買取が儲かる理由の一つは、今の日本の社会風景が関係しているを更新しました。
2013/08/31 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
タックス月岡中古車買取りなら楽天市場|中古車一括査定で賢く高く売るなら買取査定市場カローラ買取査定 - 中古車売却査定
正直をモットーにお客様の身近でカーライフのお手伝いをするTAX月岡のサイト。中古車の買取なら一括査定!下取りより約10万円以上の価格差で買取されています!成約で楽天スーパーポイントをプレゼント!漫画付きの中古車を一番高く売る方法を紹介してくださるわかりやすいサイトです。